デイサービスって看護師は何をするの?

デイサービスって看護師は何をするの?

デイサービスは病棟経験があれば問題の無いような 業務内容ばかりですので、病棟からデイサービスへ 転職するのは結構有利だったりするんです。 デイサービスで看護師は、バイタル測定、 浣腸や摘便、軟膏や点眼、患者さんの検討血測定、 そしてインシュリン注射、薬の管理など 基本的な内容ばかりです。

また、デイサービスを利用する人のほとんどは 特に健康に問題のない人ばかりですので 病棟経験があればとくに問題は無いと思われます。 しかし、利用者に対して看護師が少ないところもありますので そうなってくると結構忙しくなっちゃいます。

なので、家庭と両立したいのであれば、看護師の数は多いのかなど デイサービスについて色々な情報を調べなければなりません。 それだけでなく、やはりやりがいが感じられないと 仕事ってつまらないものになってしまいます。 ではデイサービスのやりがいとはなんでしょうか?

デイサービスで働く看護師はやりがいのなさに 悩んでしまう人も多いようで、その理由は、 責任は大きいけど看護師は脇役だからです。 看護師に判断を求められることはあります。 しかし最終的にはケアマネージャーが判断を下します。

また、軟膏や点眼、爪切りなどはヘルパーの 人でもできる仕事ですので、看護師は必要とされているのに 存在意義を見失ってしまうそうなのです。 そういった面では、向き不向きが関係してしまう所ではありますが、 仕事と言えどもレクリエーションの企画にも参加できたりしますので、 楽しそうに働いている看護師は沢山います。

仕事は楽しく働ければやる気だってどんどん湧いてきます。 デイサービスを利用する人の心を癒すことに役立っていることが デイサービスで働く看護師のやりがいだと思います。

因みに、もし勉強をするのであれば老人看護について勉強することがおすすめです。 利用する人は高齢者の方々なので、高齢者がかかりやすい 疾患についてや、便秘など起こりやすい状態など勉強をしましょう。 また、介護保険制度についても知識をつけておくと良いと思います。

そして利用者のほどんどが進行疾患がありません。 なので、体調不良や異常をすぐに発見することが大切になってきます。 病院ではありませんので、慣れない部分はあると思いますが、 そこは少しづつ慣れて知識をつけていきましょう。

↑ PAGE TOP