准看護師求人、ブランクがあっても大丈夫?

准看護師求人、ブランクがあっても大丈夫?



以前、看護師として仕事をしていて結婚・妊娠・出産・子育て・介護などの諸事情で退職している人が復職をしたい場合があります。そんなときに一番気になるのが「医療技術が進んでいるので自分がそれについていけるかどうか?」だと思います。
准看護師に強い求人サイトは?

ここでは、准看護師としてブランクがあっても仕事ができるか?という問題を考えてみましょう。

ケースバイケースですがブランクをさほど神経質に考える必要はないと思います。 一度、家庭に入ってしまって5年から10年のブランクがあっても復職しているケースは多いです。 近頃は看護師不足もあって医療機関も看護師の復職に力をいれています。

ブランクがある看護師を対象としたセミナーが開催されている場合もあります。またブランクを埋める目的の教育カリキュラムを病院で考えたりして受け入れ体制も整備されつつあります。准看護師求人サイトも以前に較べて、大分使いやすくなりました。しかしながら、極端な例として看護経験が2年でブランクが30年ある看護師の場合は、現実的に急性期病院やクリニックの復職は難しいでしょう。

地域密着型の慢性期病院とか療養型病院などが無難ではないでしょうか。急性期病院に就職できても、ついて行けなくなるのは目に見えています。看護師は女性が多い職場ですから、どうしても結婚・妊娠・出産・子育てがついて回るのでブランクがある人は珍しくありません。

雇用する病院側からも看護経験年数とい同じ年数程度のブランクならば全然気にしていません。 「少し仕事に慣れてくれば特に問題ない」というスタンスです。

病院側も神経質に研修などをしなければならないのは看護経験年数の倍以上のブランクがある人でしょう。 看護師経験が5年程度の人ならば10年以上のブランクがある人が該当します。 <潜在看護師>といった呼ばれ方をする場合もありますが、現在の透析看護師求人不足を解消するには、こういった潜在看護師をなんとか復職させる風潮になって戦力になっていただく必要があります。

大部分が子育て中のママさんナースでしょうから、託児所を完備していたり勤務時間帯を調整したり休日を考慮する必要があります。それだけ看護師不足が深刻で潜在看護師への関心はとても高くなっています。

けれどもブランクがあることを真剣に考えている病院ばかりではないです。 そういった実態を知るには看護師専門の転職支援サイトなどを利用すると良いでしょう。
|奈良県看護協会|-奈良の看護職の研修と就職情報-

美容外科・美容皮膚科に転職する際のメリット、デメリット

美容外科・美容皮膚科で勤務する看護師のメリットはどんな事があるでしょう。デメリットと一緒に見て行きたいと思います。

まずはメリットからです。美容外科・美容皮膚科勤務のメリットとして、やはり一番に挙げられるのは、勤務時間が決まっているために、規則正しい生活が送れることです。夜勤がないというのは、転職希望の病棟看護師さんから見ると、大きな魅力に感じられるかもしれません。

また、施設にある脱毛器具などを安価で利用する事ができたり、施設によってはただで使えることもあると聞きます。

化粧品を取り扱っている美容外科などでは、化粧品をただで分けてもらえたりなどの、スタッフだからこそ受けられる事も多いため、美容に関心のある看護師さんからすると、とてもうれしいことなのではないでしょうか。

更にメリットというと、夜勤がない業務だというのに比較的お給料が高めに設定されている施設も多い、ということです。とはいえボーナスが低目とも聞きますので、年収にして考えたときは、それほど高い報酬とならない施設も少なくありません。

ではデメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

実際に美容外科・美容皮膚科で勤務している看護師さんから聞いた話になりますが、デメリットとして、看護スキルを覚え辛いことや技術力の低下を感じること、単純な業務が多いため充実感が少ないこと、という事が挙げられました。

これから先も美容業界のみで勤務したいというならよいかもしれませんが、今後病院に復帰したいという人であれば、美容外科・美容皮膚科への転職は、じっくり考えた方がいいでしょう。

また施設によっては売り上げノルマが存在していて、常にプレッシャーにさらされている、という意見もあります。転職前にノルマがあるのかないのかというチェックが必要です。

そして美容外科にはトラブルもクレームも少なくありません。美容外科に来る方は美に対してこだわりの強い方がほとんどですし、元々健康には問題のない方たちですよね。高いお金をやり取りして施術を受けるわけですから、要求するレベルは高くなります。

施術の結果やミスは当然のこと、看護師の質にたいしてもクレームを入れる方もいるわけです。患者さんというよりもお客様となり、より高いコミュニケーション能力と、サービス力を求められるでしょう。

美容外科・美容皮膚科への転職前にしたいことは、施設の医師の過去の経歴や、施設の評判、ノルマやカウンセラーの有無、看護師の仕事の範囲や、ボーナスの有無などのチェックです。転職したい施設がきちんとしたクリニックなのかというのも慎重に判断して下さい。

現在たくさんの企業が美容外科・美容皮膚科を営んでいますが、中には問題ばかりの残念なクリニックも存在します。有名なクリニックなら安心、ということでもありませんので、様々な視点からチェックして下さいね。

外来勤務の看護師さんとは

病院の外来勤務の看護師が転職したい理由は様々です。例えば患者さんからのクレームに疲れてしまったとき、流れ作業のように患者さんをケアするスタイルが合わないと思ったとき、事務作業が少なくないため看護師としての技術力が下がってしまうと感じたとき、そしてまた病棟特有の活気ある世界に帰りたいと感じたとき。人によってそのきっかけは色々違うでしょう。

一般的に独身の若手看護師の場合は時間の都合がある程度利きますし、スタミナもあるため、まずは病棟に回される事が少なくありません。ですから新卒で外来に配置されることはほとんどないと思います。

子育て中のママさん看護師や、ベテラン看護師などが外来業務にあたっている事が多いです。またパートで看護師をされている方も多く存在しています。

病棟で勤務している方の転職理由の多くに、メンタル的に、スタミナ的に、という看護師さんが多いのと比較すると、外来のケースでは「外来」という業務故の悩みが多い、と考えていいでしょう。

患者さんからの初めての窓口となる外来ですから、対応の仕方や待ち時間に関してクレームを貰うこともありますし、電話を受けることも多いです。患者さんのやり取りが負担になる看護師さんも少なくありません。

訪れる患者さんが多い病院の場合は、とにかくどんどん患者さんの応対をすることになりますので、患者さんひとりひとりを受け止めたい看護師さんにとっては遣り甲斐を見つけられないこともあります。

スキル的にも不安になる看護師さんも多いです。採血や点滴などは処置室でされる事が多いため、専門の看護師さんがいます。すると看護師としての技術力が落ちてしまうのでは?と心配になってしまうんですね。

外来に移動してきた看護師さんの中には、病棟看護師として活躍していた人もいるために、あの忙しい毎日に戻りたい、と思ってしまう人も少なくないのです。

とはいえ外来勤務には病棟のように夜勤がありません。残業も比較する必要もないくらい少ないです。決まった時間の勤務になるため、規則正しいライフスタイルをキープすることが可能ですし、パートの求人も多いため、ブランクのある看護師さんなどにもお勧めの業務です。

気をつけたい点としては、大きな病院では患者さんの優先順位など、ケースバイケースでの対応力も必要となるため、慣れるまでは大変なことも多いということでしょうか。

ですが外来ならではの長所も充実感もあります。病棟から移動してきた看護師さんも、今では外来勤務の方がやりがいがあるという人もたくさんいますので、外来希望の方は、ぜひチャレンジしてみて下さい。

↑ PAGE TOP